ドローンHolyStone HS200練習中

ドローン練習の記録

 ドローンHoly Stone HS200で練習中です。故障修理の記録等も書いています。

初めて買ったドローンJJRC ELFIEを無くすまで

 なぜ無くしたのか?多摩川の河原で練習していたのですが、上空で制御できなくなり、落下した辺りを探したけどみつかりませんでした。 初心者にはiPhoneで操縦するのは難しいと感じました。

次に買ったドローンHoly Stone HS200で練習中

 HS200は初心者でも扱いやすい!HS200は専用コントローラで操縦します。初心者にはコントローラの方が圧倒的に操縦し易いです。 まだまだ不慣れですが公園で練習中です。

ドローン練習中(2017/09/07)

Holy Stone HS200のサポートは抜群!

 故障から修理まで。墜落後、プロペラが1個回転しなくなりました。手で回しても固く、モーターの軸に何か引っかかっている感じでした。 ネジを外して掃除しようとしたのですが、壊してはいけないと思い断念し、日本語マニュアルに書いてあるアドレスにメイルを出しました。 直ぐにアマゾンのHoly Stone Toys店のカスタマサービスの方からメイルが来ました。壊れている状況をビデオで撮り、宅ふぁいる便で送ると、 「モーターを送るから、手順を映したビデオを見ながら、交換にトライしてくれませんか?最後までサポートします。」というメイルが来ました。 そして、翌日にはモーターが送られてきて、ビデオの通りにモーター交換したら無事に動くようになりました。 「モーターを繋ぐ線を切って、新しいモーターを繋ぐ」という手作り感満載のやり方でしたが、 カスタマサービスの方が大変丁寧・親切にサポートしてくれたので安心してトライできました。 メイルは勿論、大変流暢な日本語でした。
 ただ、その後、今度は送信機(コントローラ)が故障しました。スイッチを押しても、すぐ切れてしまいます。 再びカスタマーサポートに連絡を取りました。前回同様に故障状況のビデオを撮り、宅ふぁいる便で送りました。 新しい送信機を送ってくれることになりましたが、中国から送るということなので1週間程度かかるとのことでした。 しかも、送信機が在庫切れだったため、入庫まで更に1週間かかるとのことでした(8月21日)。 8月28日に送信機が入庫し、発送したとの連絡がありました。9月4日に送信機が到着しました。 問い合わせから新しい送信機を受け取るまでに19日かかりましたが、対応は大変丁寧でした。

Holy Stone HS200の技術適合マークに関して

 HS200に貼ってある技術適合マークの番号は018-160240なのですが、その番号を総務省HPで調べてみるとHS200は載っていませんでした。 問い合わせたところ、貼るマークを間違えたそうで、正しい番号は204-520368で、マークを貼り直して下さいとのことでした。 この番号を総務省HPで調べると確かにHS200が載っていました。

Holy Stone HS200のモーターがまた壊れました…

 9月11日、HS200のモーターがまた壊れました。ぶつけはしたのですが、それほど激しくぶつけた訳ではないのに。どうも衝撃に弱いようです。 今回は前回壊れた側とは左右が逆の側のモーターでした。前回、モーターが壊れた時に、モーターを左右2個セットで送って貰っていたので予備がありました。 その予備のモーターを使って、今度は慣れていたので、30分くらいで無事にモーターを交換することができました。あと、その時に聞いたのですが、 通常の場合、モーターの”連続”使用は約30回、約150分とのことでした。(あくまでも”連続”使用です。そんなに予備バッテリーを持っていないので、 心配する必要はないと思いますが。)長時間”連続”使用すると、モーターが破損しやすくなる恐れがあるとのことでした。 ところで、また、予備モーター2個セットを送って貰いました!

Follow me!